大気汚染で中国人が本気で移民を決意


 中国の大気汚染問題は、今に始まった事でもありません。PM2.5なんかもここ数年で話題になりましたが、10年ぐらい前からも北京の空は数百メートル先は何も見えず、上海も晴天が1年に何日あることか、実は以前からそれが普通でした。それが、近年ますます深刻になっています。

 あまりにも空気が悪いことから「子供を日本へ留学させたい」なんて真顔で言ってるお母さんもよく見かけます。日本へ留学した中国人留学生に「どう?環境になれましたか?」と尋ねると、「東京は空気が美味しいです」とこれまた真面目に返ってくる始末。今年の冬も上海では、PM2.5の数値が毎日のように200前後まで上がっていたいました。

上海の大気汚染:リアルタイム大気質指標(AQI)

 もはや人の住むところではない!これは大袈裟でもなく、経済成長に固執したがあまり陥った「中国の今の本当の姿」です。

 

もはや人の住むところではない!?スモッグが中国人の移民を加速させる―中国メディア

RECORD CHINA 2017年2月17日 23時30分 (2017年2月18日 23時52分 更新)【引用元:この記事の著作権は、RECORD CHINA に帰属します。】

2017年2月15日、中国メディア・法治周末は、大気汚染によるスモッグが中国人の移民の導火線になっていると報じた。

 近年、中国では大気汚染が深刻な状態になっている。18歳で米国に留学した胡佳(フー・ジア)さんは大学院卒業後に帰国するつもりだったが、中国の大気汚染がますます深刻になっているという状況を考え、最終的に移民を選択するしかなかったという。胡さんは「スモッグは真正面から私たちの生活に影響する。害が大きく、私たちには抗うすべもない。できることはただ風が吹くのを黙って待つことだけ」と語った。

 また、北京で暮らす王[王路](ワン・ルー)さんは、1カ月ほど前に仲介業者に移民手続きを依頼した。理由は、5歳の娘の存在だ。「(娘は)毎日マスクをしていて、家から出ると車に押し込まれ、車から降りると逃げるように校舎へ入る。それでも安心はできなくて、娘をポケットにしまってやりたくなる」といい、強い不安と娘への愛情から移民を決心したそうだ。

 北京のある移民仲介機構の担当者によると、毎年大気汚染が深刻になる冬になると、春~秋の2倍の問い合わせがあるという。以前は「外国の生活に適応できるか」「良い仕事が見つかるか」といった悩みを持つ人が多かったというが、最近では環境や身の安全から移民を希望する人が多いといい、担当者は「どんなところであれ今の環境よりは良いと考えているようだ」と話した。

 中国グローバル化シンクタンク(CCG)が発表した「中国国際移民報告2015」によると、中国人の移民の数はすでに累計で1000万人を超えており、世界4位の移民輸出国になっている。このうち、移民の理由に国内の環境汚染問題を挙げた人の割合は20%で、教育(21%)に次いで2番目に多くなっている。

 北京大学国家発展研究院の汪丁丁(ワン・ディンディン)教授は、「このまま中国の環境が悪化を続ければ、中高所得層や低所得の若い層が海外への移民に魅力を感じるのは必然である」とし、「誰にも止めることはできない。もし社会が安全という最低限の欲求も満たせないのであれば、その社会は人類が生活するのに適したところではない」と厳しく指摘している。(翻訳・編集/北田)

 



(Visited 205 times, 1 visits today)