サイト管理者


初めまして。

サイト管理者です。

私は2005年に、
大学を卒業後7年ほど勤めてきた

広告代理店を退職し

上海へ渡りました。29歳の春でした。

特に日本の社会が嫌いだからとか、
会社に対して不満があるとか、

そんな思いはありませんでした。

ただ、周りに流されて生きるのだけは
やめておこうと漠然と考えていました。

日本人は得てして、

右に倣えという性質を持っている
かと思います。

そのせいか、

会社での評価も甲乙がなく
ほぼ横並びなものでしか

ありませんでした。

どこか平凡で、頑張ってもまた平凡な、
そんな社会を飛び出して、

今にもやけどしそうなエネルギッシュな
「アジア」に身を置いて、

自分もチャレンジしたい。

周囲の反対を押し切り
中国語もできませんでしたが、

上海へ渡りました。

違った世界を見ようと、
大手商社が出資したベンチャー企業へ

自分を売り込みに行きました。

現地採用です。

中国語もできません。畑違いの業種。
私に提示された給与は手取8万円程でした。

人材会社に相談すると、
低すぎる!やめとけ、と

一喝されました。

それでも私は決めました。
「今」ではなく「その先」を見ていたからです。

やりたいことを優先します。

入社後、

頑張りと適応力を評価され1年後には
給与は30万円ほどいただけるようになりました。

そしてこの会社には2年お世話になり
独立をします。

自ら動き、
リサーチをして何をするかを決めました。

それは、
日本の大学や専門学校を海外に

広報していく仕事です。

あえて留学エージェントと言わないのは、

日本の学校側に立ちつつ、
日本への留学をサポートする

というスタンスだからです。

単に留学エージェントとしてのスタンスでは、
現地の同業者たちのなか、

日本人の私は生き残れません。

海外で生き抜くには、
日本人にしかできないことを

していく必要があるからです。

私は、そんなこんなで、
「思い」だけで飛び出したので、

たくさんやけどをしてきました。笑

こんな私の包帯だらけの経験から、
これから「アジア」を目指す皆様に、

少しでもお役に立てる情報が提供できればと
思っております。

(Visited 266 times, 1 visits today)