新卒で「アジア」という選択肢


-新卒者もアジアでは高いニーズ

 「新卒でアジア」という問題についてお話しする前に、知っておきたいビザについてでもご紹介した就労ビザ要件についてまずは目を通しておいてください。どれだけご本人にやる気があっても、ビザが取得できないのであれば、海外で働くことができません。仕事の経験のない新卒者にとっては、各国の就労ビザ要件が厳しくなっている傾向をまずは把握しておいてください。

 さて、日本人の新卒の方を採用したいというアジア各国の企業は実際にあります。ただし、日本のように新卒一括採用というものがあるわけではなく、中途採用の人々に混じって就職活動をすることになります。ではなぜ、企業が新卒の人材を欲しがっているのか。

 それは日本語が話せる「日本人」が欲しいから。

 海外で成功する秘訣は“日本人らしさ”でご紹介しましたが、海外の日系企業法人ではグローカル人材というニーズが存在します。顧客が日本企業もしくは日本人であり、日本語が話せて、日本のビジネスマナーを知る人材でなければ、顧客対応は難しくなります。確かに中国や台湾、ベトナムなどでは、日本語学習者も多く日本語能力試験N1(1級)相当の人材も多く存在します。しかし語学より肝心な日本人のマインドを持った外国人と出会うことはまずできません。日本で生まれ育った人材が、今、海外で求められているのです。得てして日本の常識は海外では非常識でもあります。日本人って細かくて几帳面で、外国人からするとちょっと変わった人たちなんです。そんな日本の常識を持ち合わせた日本人に働いて欲しいのです。

 
 しかし、ただ日本で生まれ育ったからといって採用されるわけでもありません。日本のビジネスマナーを有するというのが条件になります。既卒者、中途採用の人々との競争になりますので、新卒者は不利であることも確かです。しかしそれを差し引いても、アジアでは日本人人材が不足しています。急激な経済成長に伴い、日本人人材のニーズも高まっていますがその需要に対して、供給が追いついていないのが現状なのです。

 

-マイナス面も理解しておく

バンコク

 新卒で海外で働く事例としては、日本の大学を卒業後飛び出すケースと海外の大学や学校を卒業後、そのまま現地で就職するケースがあるかと思います。ここではマイナス面についてお話しします。前段でもお話ししましたが、海外で働く日本人に求められるのは「日本人らしさ」なのです。これは強烈に必要な必須項目です。

 しかし日本でのお仕事の経験がなく海外に飛び出すことで日本でのビジネスマナーや商習慣などを学ぶ機会を失ってしまう可能性もあります。現地の日本企業では確かに日本で働いている時さながらの雰囲気はありますが、周囲の多くはローカルスタッフで、日本さながらの社員教育も徹底されず、これらを吸収する機会は喪失してしまいます。

僕は新卒の海外就職は反対している。もし日本で基礎固めを3年してそこから来るならまた事情は別だろう。仕事の基礎力で悩むことも無ければ、教育が無いことを憂うこともないかも。その3年の間に将来のキャリアプランなんかもできるかもしれないし、語学の勉強もできる。  
引用元:“Keep Rockin’!BRO!”

 
 ただ、学生時代のアルバイト等を通じて、社会人にもまれ学んできた自覚のある人はその点はさほど気にしなくても良いのかもしれません。また最近ではどこの企業にも属さず、即IT企業を開業したなんて経営者の方も多く活躍されています。マナーや商習慣はご自分が意識さへしていればどのような環境下でも身につける事ができるスキルでもあります。現地採用の場合は、現地で即戦力として働いていただきます。社員研修などはほぼ皆無に等しいという点は覚えておいてください。その分、逆に言うと入社して1、2年で多くの経験が積めるということも言えるかと思います。日本の会社では新卒者の最初の半年、いや1年目までは担当顧客を持たせる会社はほとんどありませんが、海外の現地採用では即戦力なのです。

 次に給与についてです。新卒での現地採用となると経験がないことを理由に、現地相場での賃金となる場合もあります。それでも現地の新卒者に比べるとかなり高給です。もちろん生活に困るほどではないかと思いますが、十分には貯蓄もできない可能性もあります。

 また、仕事の内容によっては日本へ戻ってからの転職の際に、海外での経験として評価してもらえないこともあります。例えば、大連などには日本人顧客を対象としたコールセンターがいくつもあります。顧客は日本にかけていると思いきや、実は中国にかかっているのです。パソコン機器や通信販売などの会社です。これらコールセンターでは、海外勤務とはいえ日本語以外はほぼ使いませんし、マニュアル通りの対応が求められますので海外で働いてきたという評価はされない恐れもあります。

 しかしこれらコールセンターでは中国語の学習機会を提供するなどしています。語学学習をしながら仕事をして現地を知るというような今後のキャリア形成の一環として見た場合には、トライする意味はあるでしょう。ご自分の目的と照らし合わせ、仕事の内容についてもしっかりと吟味して決断する方が良いでしょう。ビジョンを持って、日々を過ごす必要があります。

 



(Visited 553 times, 1 visits today)

Leave a comment

Your email address will not be published.

*