台湾観光局のテレビCMを集めてみた


台湾観光局のCMは印象深いものが多く、どれも色のセンスが良く映像も綺麗です。「食」だけではなく、「街並み」「自然」にも注目して観ていただければ、台湾の魅力がよく伝わるかと思います。

 

Time for Taiwan リン・チーリン篇  2014年度版

観光大使をしていたリン・チーリン(林志玲)さんバージョン。
後半に出てくるセリフは、心动没有距离 Time for Taiwan「心に響く、近くて近い台湾」

 

Wish to see you in Taiwan F4篇  2007年度版

「Wish to see you in Taiwan」のキャッチコピーで、台湾を代表する人気ユニットF4がイメージキャラを務めた。

 

Time for Taiwan 心に響く近くて近い台湾 羅志祥篇 2013年度版

羅志祥さんが演じる台湾人青年が日本人女性と偶然出会い、一緒に台湾の「珍珠奶茶」(パールミルクティー)を飲んだり、夜市のグルメを楽しむ内容で、異国のロマンチックな恋が織り交ぜられている。このCMを見て台湾へ行かれた人も多いのでは。

羅志祥さんは、歌手としても俳優としても中華圏で大人気のタレントさんです。

 

Time to Eat 台湾観光局 CM 2014-15年度版

台湾の”食”にこだわったCM構成。台湾を訪れた欧米人観光客が台湾を食べ歩く。見ているだけで、ついついお腹がすいてくる。とてもよいCMだと思います。

 

 Wish to see you in Taiwan 飛輪海篇 2009年版

台湾観光局のイメージキャラクターを務めている飛輪海(フェイルンハイ)2009年版。日本でも放送された彼らの観光局CMです。

飛輪海は、世界各地から選りすぐった容姿端麗、個性豊かな4人組アイドルグループ(平均身長182cm)

 

Time for Taiwan 木村拓哉 & 吳宇森篇 2016年度版

木村拓哉さんを起用し、注目を浴びたCMです。

 

台湾観光局のCMを観て、すーっと心に入ってくるのは、キャッチコピーが明確で、そのキャッチを裏切らないストーリー構成になっているからだと思います。

 



(Visited 734 times, 1 visits today)