アジアでは仕事が簡単に見つかる!?


 海外で働く、就職するとなると英語や現地の言葉が必要なのではないかと思われがちですが、実は語学がなくてもアジアで仕事をすることができます。中国や東南アジアの経済成長に伴い、多くの日系企業が海外進出をしていますが、実は現地で働く日本人が不足しています。

 なぜ日本人が不足しているのか?

 その理由は、2点あると考えられます。まず一つ目が、海外に進出する日系企業が増えるほど、現地の日本企業や日本人を対象としたビジネス機会が増加するからです。海外で日本語をベースに仕事をすることをグローカルジョブといいます。実は、アジアで働く日本人の多くはこの一つ目に該当しています。二つ目は、現地スタッフと日本側本社との橋渡しとなる日本人が必要になるからです。本来は日本側から派遣された駐在員の役割でしたが、ここ数年、コストのかかる駐在員よりも現地採用の日本人にこのポジションを任せるケースが増えています。

 日本の商習慣や企業理念をどのように現地スタッフに浸透させていくのか。この課題には、日本人の存在が必要不可欠となるわけです。これら日本人ニーズの拡大に対して、人材が追いついていないのが実情と考えられます。

 現地採用のメリット、デメリットについては、〜海外で働く〜海外現地採用について考えるを参考にしてください。

 アジアでは日本人であることが、この上ない強みとなっています。「日本人は日本人から物を買いたい」「インドネシア人はインドネシア人から物を買いたい」この方程式は、未だ崩れることなく存在しています。

 そして日本語でコミュニケーションができて、日本で生まれ育ち身についた価値感覚こそが企業が求めていることなのです。

 従い、アジア各国では日本人の求人依頼は大変多く、経験や実績があり、さらに英語や中国語などの語学力のある人材は好条件で仕事を見つけることができます。人材紹介会社も日本人の紹介に関しては大変熱心に取り組んでいます。

 メディアでは毎日のようにアジア各国の情報が私たちに伝わってきます。大切なことはその情報を鵜呑みにするのではなく、リテラシーを持って受けとめることです。チャンスはたくさんあります。しかし想像や机上の空論と現実は異なる物です。〜海外で働く〜煽りには乗らない。まず自分を知ることが大切も参考にしてください。

 アジア各国の多くの日系企業では、チャレンジする日本人が歓迎されることでしょう。しかし後悔のないように、実際に現地で働いている人の話を聞くなど、積極的にナマの情報を入手することをお勧めします。




(Visited 505 times, 3 visits today)